清楚な彼女の素行調査を行なった結果意外な面を

探偵事務所が行なってくれた素行調査により、交際相手がギャンブル狂であり、金遣いも荒いとの情報を得ました。

債務はマイカーローンくらいであり、ただギャンブル狂で金遣いが荒い、というだけを別れる要因とするのは厳しいかとの意見もあるかもしれませんが、ギャンブルに馴染みが無い当方、ギャンブルをしている人間は不良、だらしない、考えが浅い、後先考えない、といった少々の偏見があり、相手とは決別しました。

結婚も視野に入れていた相手ですが、結婚後、家事をせずに私の給料をギャンブルに突っ込まれたらたまったものではない、といった心配もありました。

ギャンブル狂、というと男性が多いようなイメージがありますが、私の性別は男性、交際相手は女性でした。

髪は染めておらずに、地味な外見をしている彼女は自宅で翻訳家として仕事をしていました。

自宅においてのお仕事であるために浮気はしていないだろう、といった安心感があったのですが周囲による彼女への評価が低いために、交際を続けるための判断材料として素行調査を行なってもらいました。

素行調査においては、知らない彼女が次々と出てきました。

見たくなかった彼女の本性

てっきり、自宅で仕事をしているのかと思いきや、わざわざインターネットカフェに行ってまで仕事を行ない、数千円の利用料金を支払って仕事をしていました。

深夜パックでインターネットカフェに滞在し、朝方になるとレストランで朝食を終え、その後パチンコ店に並んでいました。

パチンコ店に並んでいる姿は清楚とは言いがたく、ジャージ姿に徹夜明けのぼさぼさの髪形、表情はうつろでありすっぴん、といった恰好でした。

私が普段見ている彼女は、ラフながらもお洒落で清潔な服装であり、髪も天使の輪が掛かっておりつやつや、少々薄化粧をしており、いつも笑顔であり可愛らしいものでした。

パチンコ施設内においては、背中を曲げてパチンコ台に熱狂しており、私の前ではタバコは吸った事が無いと言っていたのにタバコを一箱吸っていました。

徹夜明けだというのに、彼女のパチンコ遊びは12時間にも及びました。

これが一回だけでしたら、仕事のストレスなどによる自暴自棄の遊び、と思われますが調べた結果、これが彼女の日常でした。

普段はお金を掛けていないかのような雰囲気がありますが、パチンコに多額を費やしており、漫画喫茶代も毎日となるので嵩張り、外食、その他ゲームセンター遊び、といった行為によりかなり消費していたようでした。

探偵にパチンコ店に並ぶ彼女の姿を撮影してもらいましたが、その姿も受け入れがたかったです。

Page Top