やつれ果てた娘の身辺調査

正月に娘が帰省した際、以前は健康的な体格をしていたのに、げっそりとやつれはて、以前は手土産を持って帰省していたのに手ぶらであり、洋服も安い店で買ったのだと分かる安物を着ており、それも毛玉だらけ、すりきれだらけといった有様でした。

ネイルやヘアメイクに凝っていたのに、爪はぼろぼろ、肌もぼろぼろ、すっぴんノーメイク、髪の毛も黒いながらもぼさぼさでした。

年齢はまだ24歳、お洒落を諦める年齢ではありません。

正月というめでたい時期に帰省をするというのに、表情は暗く口数も少なかったです。

お金が無い雰囲気ながらも交通費を使ってまで帰省してきた理由は、どうやら帰省をする度に渡していた私達親からの小遣い目当てのようでした。


働いているはずですし、お金に困っているわけが無く、若い年齢の娘、むしろお金を使って外見を着飾っているはずです。

何かあったのか、疲れているのか、仕事が大変なのか、と尋ねてみましたが実家に帰省するためだけに外見を着飾るわけが無い、仕事は大変だがいきがいだ、と言い訳されました。

娘が勤めている職場は、ホワイトな雇用環境であるはずですので、過労という訳でもなく、働いているならばお金が無い雰囲気は何故なのか、と疑問が無限に沸いてきました。

付き合っている恋人がいる、と携帯電話の写真を見せられましたが、今時風ではあっても、勤め人の雰囲気ではありませんでしたし、どちらかというと不真面目な遊び人の雰囲気を感じられました。

探偵の身辺調査により

離れて暮らしている当方、娘が帰った後に探偵に身辺調査をお願いしました。

勤務先が劣悪な雇用環境なのでは、男性との間になんらかのトラブルが起こっているのでは、といった点を調べてもらうように相談をし、早速身辺調査が開始されました。

離れて暮らしている娘、何があったのか親には全く分かりませんので、探偵の調査が頼りでした。

娘は毎日のように会社に行き、ホワイトな会社であるために終業時間は5時ぴったり、たまに遅くなってもせいぜい7時には自宅に帰宅をしていました。

土日も休みであるはず、過労ではないと思いきや娘は土日に副業をしていました。

会社は副業禁止であるはずなのに、どうしてそこまでしてお金を稼ぐのかと思いきや、携帯電話の写真で見せてくれた男性と同棲をしており、その男性に債務があるために娘が肩代わりをする形でお金を渡していたのです。

女性にお金を頼るような男性とは交際を続けても損なだけ、と我々親は判断し、身辺調査終了後に男性と娘を別れさせる工作をしてもらいました。

無事に別れた娘、今では副業を辞め、お洒落にお金を使え、年相応に綺麗になっています。

Page Top